ニューデイ(株)のロゴ

 IT備忘録 「Lightroom,Photoshop, Premiere 共通」

トップにスクロールする

~色調補正について

基本


  1. ~露光量

    写真全体の明るさを調整します。
    右にドラッグ(プラス)すると全体のシャドウ部分が明るくなり、
    写真全体が明るくなります。
    左にドラッグ(マイナス)すると、暗い写真がさらに暗くなります。


  2. ~コントラスト

    明るいカラーと暗いカラー間の強弱を調整します。
    明るい部分はより明るく、暗い部分はより暗く。


  3. ~ハイライト

    写真のもっとも明るい部分の明るさ調整します。
    「白レベル」は全体の調整、「ハイライト」は明るい部分のみ調整。
    補足:白がハレーションしている場合、左にシフトすると有効。


  4. ~白レベル

    白レベルとは画像の中でいちばん白い部分のことで、コントラストを調整したいときに便利な機能です。
    画像の最も明るい部分に焦点を当て、全体の調整します。
    「白レベル」は全体の調整、「ハイライト」は明るい部分のみ調整。
    白レベルとは画像の中でいちばん白い部分のことで、コントラストを調整したいときに便利な機能です。


  5. ~シャドウ

    写真のもっとも暗い部分の明るさを調整します。
    右にドラッグ(プラス)すると明るくなり、黒くつぶれて見えなかった部分が見えるようになります。
    「黒レベル」は全体の調整、「シャドウ」は暗い部分のみ調整。


  6. ~黒レベル

    画像のもっとも暗い部分に焦点を当て、全体の調整します。
    黒レベルとは画像の中でいちばん暗い部分のことで、コントラストを調整したいときに便利な機能です。
    「黒レベル」は全体の調整、「シャドウ」は暗い部分のみ調整。
    右にドラッグ(プラス)すると明るくなり、黒くつぶれて見えなかった部分が見えるようになります。


カラー


  1. ~色温度

    画像全体をどの程度暖色、もしくは寒色に見えるかを指定します。
    左にドラッグ(マイナス)すると光が寒色系になり、スライダーを右にドラッグ(プラス)すると光が暖色系になります。
    例)木々の青々しさを表現したい場合、色温度を寒色系に寄せます。

  2. ~色かぶり補正

    色を見た印象に合わせる(色かぶり)
    画像全体をどの程度緑色、もしくは紫色に見えるかを指定します。
    写真の雰囲気に合わせて、色かぶり補正を調整します。
    色味を本来の色に近づける。

    色味:いろみ  (微妙な)色の濃淡やずれの具合。色合い。色加減。

  3. ~自然な彩度

    適度な色合いを維持しながら彩度を補正します。
    自然な彩度を調整する。
    自然な彩度は、主に鮮やかさの過不足を調整し、全体の色の鮮やかさを均一に近づけてくれる機能です。
    スライダーを右にドラッグ(プラス)すると鮮やかさが増し、左にドラッグ(マイナス)すると鮮やかさが減ります。


  4. ~彩度

    すべての色を均一に調整します。
    ある色味が強くなりすぎた場合、少し彩度をおとすことにより自然な色に することができる。

彩度


  1. ~周辺光量補正

    スライダーを左(マイナス)にすると暗くなり、右(プラス)にすると明るくなります。
    例)周辺の四隅が暗くなることで、視線が中心に集まり雰囲気のある写真にすることができる。

効果


  1. ~かすみの除去

    大気や光線によって靄(もや)がかかったような写真を、鮮やかで際立った写真に仕上げる。

カラー


  1. ~ホワイトバランスについて

    撮影場所の環境光によって本来真っ白な部分が青っぽくなったり赤っぽくなることで写真全体の色味にも影響します。
    対策
     Lightroomの場合:ホワイトバランスの「色温度」、「色っかぶり」で補正する。
     Photoshopの場合:トーンカーブを使う。
       右端のスポイトをクリックし一番白い部分をクリックする。
       その部分が白の基本となってホワイトバランスが補正される。